【家族】八代亜紀の両親(父親・母親)に脱帽!デビューまでの波乱の生い立ち!

【家族】八代亜紀の両親(父親・母親)に脱帽!デビューまでの波乱の生い立ち!

八代亜紀さんのご家族についてお伝えします。

八代亜紀さんには兄弟はおらず、一人娘で育てられています。

ご両親、父親・母親は脱帽してしまうほどの人物なんですね。

そして、そんなご両親に育てられた八代亜紀さんのデビューまでの生い立ちも含めお伝えさせていただきます。

今回は、【家族】八代亜紀の両親(父親・母親)に脱帽!デビューまでの波乱の生い立ち!という内容ですのでご覧ください。

スポンサーリンク
目次

八代亜紀の両親(父親・母親)家族構成!

八代亜紀さんの家族構成をお伝えします。

  • 父:橋本 敬光(はしもと けいみつ)
  • 母:橋本 タミ子(はしもと たみこ)
  • 八代亜紀(本名:橋本 明代・はしもと あきよ)

八代亜紀さんは3人家族です。

冒頭でもお伝えしましたが、兄弟はおらず一人娘になります。

また、八代亜紀さんは1994年、44歳の時にマネージャーの増田登さんと結婚されましたが、2021年に離婚されています。

子供はおられませんでした。

では、ご両親について見てみましょう。

スポンサーリンク

八代亜紀の両親(父親・母親)に脱帽!

八代亜紀さん死去、昨秋から「急速進行性間質性肺炎」で療養…地震被災地に故郷特産の畳届けたことも : 読売新聞 さん

八代亜紀さんの父親は熊本県出身で母親は沖縄県出身です。

おふたりは20歳前後で駆け落ち同然で結婚され、一人娘の八代亜紀さんが誕生しました。

そんな一人娘の八代亜紀さんを大事に思いながら、しっかりとひとのあり方を自然と感じるようなご両親だったようです。

そんな父の教えが、

「絶対に、えこひいきはするな」

だったということ。

そんな親の言葉を実感できる出来事がありました。

知らないおじさんが家に!

橋のたもとの旅装束の男性 | ToMuCo - Tokyo Museum Collection さん
イメージ

父は曲がったことが嫌いで、弱きを助ける人でもあったから、橋のたもとで寒そうに震えている人がいると家に連れてきちゃうんです。

引用:毎日が発見ネット

八代亜紀の父親は、橋のたもとで住むところが無くなった人がいると言えに連れてきて世話をしていたというんですね。

お父さんは、

『寒でしょ?うちに来なっせ』

と言って連れてくるそうです。

それも、一度でなく何度も何度も連れてくるといいます。

ホームレスのおじさんだったの

連れて来ていたのはホームレスの方で、

お母さんはsのホームレスの方をお風呂に入れたり、食事の世話をしたり、お父さんは洋服を着せたり

と世話をしていたそうです。

そして、1か月ほどすると、みんな礼も言わずに出ていってしまうというんですね。

そるとお父さんは、

『あのおじさんなぁ。自分の住みやすいところに戻ったんだな。もう、よかよか』

と、八代亜紀さんは、不満ひとつ言わない両親に胸を打たれたといいます。

そんな両親の背中を見てきた八代さんは「もう大尊敬です」と語っておられます。

八代亜紀さんのお父さんのいう「えこひいきはするな」というのが自然と身についているご両親の行動には脱帽ですね。

スポンサーリンク

八代亜紀のデビューまでの波乱の生い立ち!

八代亜紀の若い頃が小悪魔かわいい 秘蔵のパンツルック公開 – grape [グレイプ] さん

では、八代亜紀さんのデビューまでの波乱の生い立ちをご両親とのエピソードを交えてお伝えさせていただきます。

幼少期は画家になるつもりだった⁉

歌った夜は必ず寝床で「おさらい」 八代亜紀さん、努力重ねた人生:朝日新聞デジタル さん

実は歌より絵の方が長いんです。

八代亜紀さんと言えば、フランスの歴史あるル・サロン展に5年連続入選する腕前で、画家としても活躍されていました。

八代亜紀さんのお父さんは若い頃は画家志望だったそうで、その影響で小さい頃から英才教育で凄く描かされたたといいます。

ゆうどきネットワーク 八代亜紀 : こんなテレビを見た。 さん

休日には、父と出かけては絵をかいたり、休憩の時には父のギターの弾き語りを楽しんだりしていたそうです。

お父さんの若い頃は、戦争で絵を描くどころではなかったので、娘に託したということです。

幼い頃は私も画家になると思っていたくらいです。

父親の影響がとても大きいんですね。

スポンサーリンク

八代亜紀 歌手を目指す!

八代亜紀さんが歌手を目指すきっかけとなったのは12歳の頃。

父の買ってきた「ジュリー・ロンドン」のレコードでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次