【顔画像】谷川弥一の息子は谷川建設社長!妻や娘・家族構成!

【顔画像】谷川弥一の息子は谷川建設社長!妻や娘・家族構成!

自民党阿部派の谷川弥一衆議院議員は当選回数7回、長崎県議を5期17年務めたベテラン議員です。

谷川弥一議員は長崎県議になる前は地元有力企業の㈱谷川建設を創業しており、現在は息子が社長をされているとか。

今回はそんな、谷川弥一議員の妻や息子・娘、家族構成に焦点を当ててみたいと思います。

ということで、【顔画像】谷川弥一議員の息子は谷川建設社長で、妻や娘・家族構成についてお伝えさせていただきますのでご覧ください。

スポンサーリンク
目次

谷川弥一の家族構成!

谷川弥一議員

谷川弥一議員の家族構成は、

  • 谷川弥一
  • 妻:貞子
  • 長男:喜一
  • 長女:加代子
  • 次女:浩子

の5人家族です。

では、谷川弥一議員から見ていきましょう。

谷川弥一衆議院議員!

谷川弥一議員
プロフィール
  • 名前:谷川 弥一(たにがわ やいち)
  • 生年月日:1941年8月12日
  • 年齢:82歳(2023年)
  • 職業:衆議院議員(自民党)7期目 2003~
  • 前職:長崎県議会議員1987年 5期
  • 出身地:長崎県南松浦郡岐宿町(現:五島市)

谷川弥一議員は1941年8月12日、長崎県南松浦郡岐宿町(現:五島市)で生まれます。

1960年に長崎県立長崎東高校を卒業し、家業である製材所を手伝うように。

GMJ【公式】株式会社谷川建設の管理職求人(長崎県長崎市) さん

そして、1971年には㈱谷川建設を創業されています。

1987年に長崎県議会議員選挙に出馬し初当選。

同年、㈱谷川建設会長に就任。

長崎県議会議員としては5期17年を務められています。

そして、元防衛庁長官・虎島和夫氏が第43回衆議院議員選挙に出馬しない方針を発表し、その後継者として谷川弥一氏が指名されます。

この2003年の第43回衆議院議員選挙に長崎3区・自民党公認で出馬し見事当選されます。

そして、現在まで当選回数5回、20年間務められています。

主な役職やこちら。

  • 2007年:農林水産大臣政務官
  • 2010年:自民党総務副会長
  • 2012年:文部科学副大臣
  • 2016年:衆議院文部科学委員長
スポンサーリンク

【顔画像】谷川弥一の息子は谷川建設社長!

谷川弥一議員 息子 谷川喜一

谷川弥一議員の長男は谷川喜一さんといいます。

プロフィール
  • 名前:谷川 喜一(たにがわ きいち)
  • 生年月日:1971年
  • 年齢:52歳(2023年)

谷川喜一さんは現在、㈱谷川建設 代表取締役社長です。

1997年に㈱谷川建設に入社し、それと同時に代表取締役社長に就任されています。

わずか26歳でのこと。

父・谷川弥一議員が1987年に社長から会長に就任されているので、その間は別の方が社長職を担っていたと思われます。

では少し㈱谷川建設についてふれておきます。

㈱谷川建設

㈱谷川建設 会社概要
  • 会社名:㈱谷川建設
  • 設立:1971年12月10日
  • 代表取締役社長:谷川喜一
  • 資本金:1億円
  • 従業員:468名(2023年3月末時点)
  • 所在地:長崎県長崎市岡町9-1
  • 売上高:237億円(2022年11月期)

㈱谷川建設の業務内容は、

  • 土木建築請負業
    • 個人注文住宅
    • 中高層ビル
    • 土木工事
  • 一級建築士事務所
  • 製材業
  • 木材業
  • 損害保険代理業
  • 上記に付帯する一切の業務

ということでかなり大きな建設会社です。

関連会社も3社あります。

  • 株式会社谷川商事
    • 代表取締役社長:谷川喜一
    • 売上高24億円(2022/3)
  • 株式会社マルキ開発
    • 代表取締役社長:谷川喜一
    • 売上高40億円(2022/3)
  • 株式会社ティーズデザイン
    • 代表取締役社長:田丸昌和
    • 売上高14億円(2022/3)

全ての会社で大きな売上高を誇っています。

そのもととなる㈱谷川建設は谷川弥一議員で、たった1人で創業した会社だそうです。

その会社が、現在では400名を超える従業員を抱え、個人注文住宅から病院、商業施設まで作り上げる大きな会社へと成長しています。

九州を基盤に、広島、東京にまで活動の場を広げているといいます。

創業者の谷川弥一議員ですが、息子の谷川喜一さんもかなりの人望と手腕がここまで会社を成長させたのでしょう。

谷川喜一の妻!

谷川喜一氏の妻は富貴さんと言われます。

顔画像は公表されていませんでした。

谷川喜一さんの妻・富貴さんは、元農林水産大臣・金子原二郎氏の長女です。

金子原二郎氏は過去、

  • 1975~1983年:長崎県議会議員
  • 1983~1998年:衆議院長崎3区
  • 1998~2010年:長崎県知事
  • 2010~2022年:参議院議員

という経歴の持ち主です。

この金子原二郎氏が長崎県知事時代に谷川弥一氏が長崎県議会議員でした。

なので、谷川弥一議員の息子:喜一さんと金子原二郎氏の娘:富貴さんの結婚は恋愛かお見合いかわかりませんが、政略結婚ではないかとも言われていたようです。

というのも、結婚前に谷川喜一さんが代表を務める㈱谷川建設の関連会社、㈱マルキ開発の取締役に金子富貴という名で就任されています。

そして、妻・富貴さんが取締役に就任したった3年で売り上げを30億円にまで伸ばしたそうで、これに対してマスコミで『政略結婚の威力』とまで言われたようですね。

ちょっと汚い話になってしまいました。

谷川喜一さんと妻・富貴さんの間に子供がいるのかどうかは、情報が無いため確認できませんでした。

スポンサーリンク

【顔画像】谷川弥一の妻!

谷川弥一議員の妻は貞子(ていこ)さんと言われます。

妻・貞子さんの顔画像は公表されておらず確認することはできませんでした。

また、妻・貞子さんの詳細についても一般人のため情報は見当たりませんでした。

そして、谷川貞子さんは、2015年10月13日にお亡くなりになられております。

【顔画像】谷川弥一の娘は2人!

谷川弥一議員の娘は2人います。

  • 長女:加代子さん
  • 次女:浩子さん

です。

谷川弥一の長女・加代子!

谷川弥一議員の長女・加代子さんは、結婚されており田丸加代子という姓に変わっています。

(株)谷川建設の取締役に田丸昌和という方がおられますので、この方がご主人ではないかと思われます。

田丸加代子さんについては次のようなことがありました。

田丸加代子さんと兄嫁・谷川富貴さんは2012年当時谷川建設グループ『㈱T.G.F』の取締役でした。

国営・諫早湾干拓地に入植の事業の入札などで虚偽・不正などで議会と議論になったようで、最終的に刑事告発されています。

県議会は7月4日、以下の者を下記の理由で長崎地検に告発した。

田丸 加代子 谷川 富貴   委員会 不出頭

谷川 喜一  小柳 険一       不出頭

谷川 弥一              不出頭

㈱谷川建設           記録の不提出

㈱T・G・F          記録の不提出

谷川 弥一              不出頭

金子 原二郎            不出頭

引用:長崎県議会

ちょっと難しい内容ですが、田丸加代子さんは親族経営にしっかり加わっているようですね。

谷川弥一の次女・浩子!

谷川弥一議員の次女は浩子さんといいます。

現在は結婚され、三宅浩子と姓が変わっています。

次女・浩子さんは㈱マルキ開発の取締役として務めておられるようです。

ご主人は何をされているのかは不明でした。

先程の画像にもおられますが、子供さんが2人おられるようですね。

スポンサーリンク

【顔画像】谷川弥一の息子は谷川建設社長!妻や娘・家族構成!まとめ!

今回は【顔画像】谷川弥一議員の息子は谷川建設社長で、妻や娘・家族構成についてお伝えさせていただきました。

谷川弥一議員は谷川建設を創業され、それを息子に譲り、現在まで発展してきたようですね。

たった一人で始めた会社が、今では400人を超える従業員がいるということで、かなり大きな成長を遂げているようです。

また、息子とその嫁・長女とその夫・次女と親族で経営をされているようですね。

(株)谷川建設はまだまだ発展していきそうです。

あわせて読みたい
谷川弥一のwiki経歴&学歴!般若心経・キックバックで谷川節炸裂! 自民党・谷川弥一衆議院議員ですが、政治家歴36年という大ベテラン議員です。 谷川弥一議員はこれまで、建設会社を創業し長崎県議会議員を経て衆議院議員として今に至り...
あわせて読みたい
【顔画像】重徳和彦の妻や子供(息子)・家族構成を調査! 立憲民主党・重徳和彦衆議院議員は中堅・若手議員のエースとも言われる人物です。 そんな重徳和彦議員の家族構成が気になります。 結婚された妻や子供(息子)について見て...
あわせて読みたい
澤田伸・渋谷副区長のwiki経歴&学歴(出身高校・大学)!嫁や子供にについても! 東京・渋谷区副区長の澤田伸さんですが、どんな経歴があるのか深堀したいと思います。 また、学歴(出身高校・大学)や家族・嫁や子供についても見てみたいと思います。...
スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次