【100億円!?】ビートたけしと元妻・北野幹子の離婚理由!!馴れ初めについても!!

【100億円!?】ビートたけしと元妻・北野幹子の離婚理由!!馴れ初めについても!!

タレント・映画監督としてマルチに活動される、ビートたけし(北野武)さん。

2019年6月、約40年間連れ添ったとされるビートたけしさんの元妻・北野幹子(きたの みきこ)さんとの離婚が成立しました。

当時は遺産分与や慰謝料が【100億円】とも報道されており、大きな話題となりました。

今回は、ビートたけしさんと元妻である北野幹子さんとの馴れ初めや離婚理由の真相についてまとめました。

さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク
目次

ビートたけしと北野幹子の馴れ初め!!結婚したきっかけとは!?

ビートたけしさん(当時33歳)と、北野幹子さん(当時29歳)は1980年に結婚しております。

1981年3月に長男、1982年10月に長女が誕生しており、1983年に正式に入籍したそうです。

・長男 北野 篤(きたの あつし)さん
生年月日: 1981年 3月(年齢 42歳)※2023年現在

・長女 北野 井子(きたの しょうこ)さん
生年月日: 1982年10月5日 (年齢 41歳)※2023年現在

1983年に正式に入籍ということは、1980年の結婚は”事実婚”だったようですね。

1980年の事実婚から、1983年に正式結婚までの3年間で、いったんどんな心境の変化があったのかも気になりますよね。

ビートたけしさんと北野幹子さんの馴れ初めや、結婚理由について見ていきましょう。

ビートたけしと北野幹子の馴れ初め!!

大正テレビ寄席

1978年、北野幹子さんはテレビ朝日系『大正テレビ寄席』でアシスタントを務めていたおり、”ツービート”として出演していたビートたけしさんと知り合ったそうです。

その後、ビートたけしさんと北野幹子さんは同棲を開始し、わずか2年で結婚。

交際に至るまでの経緯は語られていませんが、同棲から結婚までの期間はとても短かったようですね。

ビートたけしと北野幹子の結婚のきっかけは?

ビートたけしさんと北野幹子さんの結婚きっかけについては語られておりません。

ここからは推測ですが、1980年の事実婚から、1983年に正式結婚までの3年間で二人の子供に恵まれています。きっかけ

1980年に”事実婚”をしているということは、この頃から北野幹子さんの妊娠が発覚していたのではないでしょうか。

1982年に二人目の子供が生まれ、落ち着きが出たところで正式に結婚に踏み切ったのではないでしょうか。

ビートたけしと北野幹子の夫婦漫才

1981年、10月10日に放送された『オレたちひょうきん族』の「ひょうきん夫婦漫才」という企画では、ビートたけしと北野幹子さんが夫婦漫才を披露しました。

この回の視聴率は13.4%と高視聴率をたたき出し、世間からとても注目を浴びていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次