【顔画像】柏本光樹のFacebookや勤務先:柏本電設とは!宇治の自宅も調べてみた!

【特定】宇治市の柏本光樹の顔や勤務先は柏本電設?自宅も調べてみた!
スポンサーリンク

2023年7月30日未明、京都府宇治市で3歳の男の子が風呂で溺れてなくなりました。

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは柏本光樹容疑者。

そして、事件は柏本光樹容疑者の自宅でおきたといいます。

いったい何があったのか、そして柏本光樹容疑者の顔や勤務先、Facebookや自宅などはどこなのか調べてみました。

ということで今回は、【特定】宇治市の柏本光樹容疑者の顔や勤務先について、またFacebook自宅についてお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
目次

宇治市の柏本光樹逮捕!

交際相手の3歳の長男を風呂場に放置して溺死させたとして、京都府宇治市に住む男が警察に逮捕されました。

引用:MBS NEWS

2023年7月30日未明、京都府宇治市伊勢田町遊田の柏本光樹容疑者の自宅で、交際相手の女性の長男(3歳)が風呂で溺れて亡くなる事件がありました。

柏本容疑者の容疑は、保護責任者遺棄致死ということです。

柏本容疑者は、

「男児におもちゃがほしいと頼まれ、探している間に20分ほど目を離した」

と話しているようです。

事件があったのは午前3時ごろ、男児の母親は就寝中で、柏本容疑者が風呂場に戻ったところ、男児が浴槽内にうつぶせで溺れていたといいます。

お風呂には、亡くなった男の子の首辺りまでお湯がはられていたそうで、足が滑って溺れたのでしょうか。

おもちゃを取りに、3歳児をお風呂に20分間も放置するというのは腑に落ちないですね。

虐待の疑いもあるようで、

 男の子には複数のアザも見つかったということで、警察は虐待についても慎重に調べています。

亡くなった男の子には複数のアザもあったといいます。

そして、夜中3時というのも、母親が就寝中の入浴というのも変な話です。

今後の警察の捜査の進展に注目です。

では、柏本光樹容疑者についてお伝えします。

スポンサーリンク

【特定】宇治市の柏本光樹の顔や勤務先は柏本電設⁉

柏本光樹容疑者ですが、仕事は電気空調関係の仕事のようです。

柏本容疑者の自宅画像に車が写っており、そこには、

『KashimotoDensestu』と書かれており、会社名は、

柏本電設

であると思われます。

そしてその下には小さくて見にくいですが、

『Kassy.dayo』

と、書かれてあり、普段から

『カッシー』

と呼ばれていたと考えられます。

そこから、深堀してみるとあるYouTube動画にたどり着きました。

そこに、柏本光樹という人物が出演されていました。

こちらが柏本(カッシー)という人物です。

現在、柏本光樹容疑者の顔が公表されていないため目隠しています。

このYouTubeチャンネルは、建設関係の道具などを販売している、いわゆる「金物屋」のチャンネルです。

そこに、京都府宇治市の会社、㈱○○○○クスという会社と、それに携わる協力会社のひとたちと出演されています。

そして、仕事は空調屋ということ。

なので、この人物が柏本光樹容疑者である可能性はないとは言えませんね。

そしてInstagramには、柏本電設で働いている綺麗な女性のアカウントがありました。

スポンサーリンク

柏本光樹のFacebook特定⁉

柏本光樹容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、1件ヒットしました。

ですが、何も投稿されていないので、情報を得られることはできませんでした。

また、その他Twitterも発見できませんでしたが、インスタに怪しきアカウントがありましたのでどうぞ。

柏本電設で働く美人女性!

柏本電設の新人ひよっこ○○です

という紹介文です。

『#ギャルママ』

ということで、子供さんがおられるようですね。

子供さんがおられても、現場作業されているということはシングルなのでしょうか。

そのあたりは、わかりませんね。

柏本電設で働いているこちらの女性ですが、空調設備の作業をされていますね。

たくましいです。

そして気になるのは、

アカウント名です。

○○〇○○とKassy.dayo

と表記されています。

先ほどの、柏本光樹容疑者の車に書かれているものと同じです。

二人の関係は社長と従業員ということ以上になにかあるのでしょうか。

そのあたりはわからないところです。

スポンサーリンク

【特定】宇治市の柏本光樹の自宅も調べてみた!

柏本光樹容疑者の自宅ですが、住所は、

京都府宇治市伊勢田町遊田

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次