Adoのwiki経歴・デビューのきっかけ!名前の由来や本名ついても!

Adoのwiki経歴・デビューのきっかけ!名前の由来や本名ついても!

Adoさんと言えば、2020年にメジャーデビューし、同年10月15日『うっせぇわ』を配信限定リリースすると、そのアット的な歌唱力で人気は爆発的なものとなりました。

そして、顔を出さないスタイルで歌い手として活動する様子は、まさに謎多き女性アーティストと言えるでしょう。

そんな、Adoさんの経歴やデビューのきっかけを深堀してみたいと思います。

また名前の由来や本名についても気になるところです。

今回は、Adoさんのwiki風プロフィールや名前の由来や本名、経歴・デビューのきっかけなどもあわせてお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
目次

Adoのwiki風プロフィール!

プロフィール!
  • 名前:Ado(アド)
  • 生年月日:2002年10月24日
  • 年齢:21歳(2023年)
  • 職業:歌い手・歌手
  • 所属:株式会社クラウドナイン
  • 出身地:東京都

Adoさんは、現在テレビやメディアなどでは一切顔を出さないスタイルで活動し、そしてその圧倒的な歌声はファンを魅了しています。

その歌い手として、歌うことを追求し顔を出さないのにも理由があるようです。

Adoが顔出ししないのはなぜ?

Adoさんが顔出ししないのにも理由がいくつかあります。

自分に自信がない⁉

Asoさんは過去にこんなことを語っています。

「私も歌には興味があったんですけど、じゃあ自分が仕事にするってなったときに自分の姿までが商品になるのか…自分にスポットが当たるのか、それは嫌だなってずっと思っていたんですよ。なかなか私は自分自身に自信がなかったので」と述べた。

引用:スポニチ

Adoさんは、歌手として歌うことには興味はあったようですが、

自分自身にスポットが当たるのがイヤ

だったんですね。

歌手として活躍される方は普通、自分の見た目やパフォーマンスも大きく前に出してくるのが一般的です。

それが、どうしても自信がなかったといいます。

そういえば、宇多田ヒカルさんもデビュー当時は顔出しせず謎多き女性シンガーでした。

Adoさんもそのうち、自分を表に出して歌う日が来るかもしれませんね。

歌で勝負したかった!

Adoさんは、ニコニコ動画が好きで、楽曲をカバーして歌っている歌い手を見て、

  • 顔も出さない
  • 本名も出さない
  • 年齢もわからない
  • 性別もわからない

というところに興味を持ち、

そんな自由なところがあるんだ。でも(動画サイト上で)自分の歌声見せることができて

という風に、歌のみで勝負している発信者に共感したということです。

「こんな理想的な場所があるんだと思って、私も歌い手っていうこの今のスタイルのように活動したいと思って、歌い手になったっていう…」

引用:スポニチ

これが、今の顔出ししないスタイルのAdoさんのルーツとして、いちばん大きなものなのでしょう。

では、次にAdoさんの名前の由来や本名について見てみましょう。

スポンサーリンク

Adoの名前の由来や本名とは!

Adoさんの「Ado」という名前の由来って気になりますね。

Adoさんはデビュー当時にラジオで名前の由来を語っています。

「狂言の役柄のシテとアドから取った」

ということなんですね。

小学校の国語の授業で狂言について学ぶときがあったそうで、教科書に書いてある「アド」という言葉の響きがかっこいいと思っていたそう。

それを、デビューするときに「Ado」と決めたきっかけなんですね。

◇狂言「シテ」「アド」とは?

狂言での「シテ」が主役で「アド」は相手役・脇役の事。

また、これには意味があって、

私の曲を聴いてくださる方々の代わりに戦える存在というか、誰かの人生の脇役になれたらいいのかなと思って。

と、Adoさんは語っています。

誰かの心の支えになればいいなということですね。

十分みんなに元気を与えてくれていますね!

また、英語で「Ado」というのは、

  • 骨折り
  • 騒ぎ
  • 面倒

という意味もあり、「自分に合ってる」とも語っています。

スポンサーリンク

Adoの本名は「小田るり」?

Adoさんの本名が「小田るり」という情報が多く出回っていますが本当なのでしょうか。

Adoさんは、2019年2月から12月まで『あまる』という3人組ユニットを組んでいたといいます。

『あまる』というユニットの中にAdoさんがおられます。

現在も使われているAdoさんのX(Twitter)アカウントが載っていますね。

そして、

『あまる』の「る」担当・”るり”という方がAdoさんということです。

Adoさんの素顔もかわいいですね。

後の2人の現在は、

「あ」担当のあいの現在

「あ」担当のあいさん、綴喜 あい(つずき あい)さんは、『リタリターン』という4人組ユニットで音楽活動をされています。

「ま」担当のまりんの現在

「ま」担当のまりんさん、石井 麻鈴(いしい まりん)さんは現在、音楽活動だけでなく女優としても活動されています。

ということで、「る」担当のるりさんがAdoさんということがわかりました。

Adoさんの本名は「るり」

さんということですね。

苗字は「小田」?

そして、苗字の「小田」というところですが、X(Twitter)で、

というように、Adoという名前を反対から読んでodaという憶測が広まったようです。

これは先ほど、Adoの名前の由来をお伝えしたので、信ぴょう性の低いものと判断できますね。

なので、

Adoさんの本名は「るり」

ということだけが判明しております。

スポンサーリンク

Adoの経歴!デビューのきっかけ!

Adoさんの経歴を順にみていきたいと思います。

Ado 小学生時代は内気な女の子だった!

Billboard JAPAN」で ニコニコ発のボカロ曲2023年上半期チャートTOP20を発表|ニコニコインフォ さん

Adoさんは、小学校1年生の頃から父親のパソコンでVOCALOID楽曲を聞き始めます。

◇VOCALOID楽曲:音楽ジャンルの一つである「ボーカロイド曲」は、狭義では株式会社ヤマハが開発した歌声合成技術と、応用ソフトウェア「VOCALOID」を使用した楽曲全般のことを指す表現である。

引用:Wikipedia

そして、顔を出さずに活動する歌い手という文化に興味を持ち始めます。

しかし小学生の頃は、

「目立つような存在ではなかったですね。地味で内気で根暗でクラスの端っこで絵を描いているような人間だったと思います。自分と趣味が合う数人の子と話すくらいで、本当に目立った位置には居なかったですね。目立つ人たちはむしろ避けていた」

引用:UNIVERSAL MUSIC JAPAN

Adoさんは内気な女の子だったようですね。

小学生時代の夢は、漫画家・イラストレーターだったそうです。

Ado 音楽への興味の扉を開く!

2014年、Adoさんが小学校5年生の2月、音楽への興味の扉が開きます。

それは、当時よく遊んでいた任天堂3DSで、ニコニコ動画を視聴できるソフト『ニコニコ』でした。

『ニコニコ』を開いて歌い手を見て、

『なんだこれ面白いな。顔がわからないのにこんなに歌を聴いてもらえる人が居るんだ』

と、ひとりで感動したといいます。

そして、ボカロ曲や歌い手への興味がどんどん広がったそうです。

自分自身に自信がなかったというAdoさんが、

もしかしたら自分にでもできる?

と思うようになります。

それと同時に、

目立ちたい!ちやほやされたい!もっといろんな人に見てもらえるようになりたい!

という考え方に変わってきたんですね。

スポンサーリンク

Adoとしてニコニコ動画に初投稿!曲は『君の体温』!

Adoさんは、2017年1月にAdoという名前でニコニコ動画に初投稿します。

曲は、クワガタPの『君の体温』です。

当時、Adoさんは14歳の中学2年生でした。

このニコニコ動画に投稿を始めたきっかけは、

歌への自信・想いを発信したい・存在を知ってほしい

という思いからだったということです。

また、録音場所は自宅のクローゼットにマイク機材をそろえ、壁には吸音材を自分で貼って収録していたそうです。

かなりの本気度が伺えますね。

Ado 「まふまふ」への憧れ!そしてネガティブになる出来事が!

Adoさんが歌の投稿を始めてから数日後、友人に誘われ「まふまふ」さんのワンマンLIVE『ひここもりでもLIVEがしたい!』へ足を運びます。

「まふまふさんのようになりたいと思いましたし、その時は本当にまふまふさんって居るんだって驚きましたね。顔も出してないミステリアスな人間にこんなにも人が集まってくれるんだって。みんながまふまふさんの歌を聴いて感動しているのは、本当にすごいなって、ただただ感銘を受けていました」

引用:UNIVERSAL MUSIC JAPAN

Adoさんは、まふまふさんのLIVEで実際に顔出しをしない歌い手さんでも、ひとが集まってくれるという現実を自分の目で確かめることができたんですね。

しかし、それとは別にネガティブ思考になってしまう出来事も。

それは、同じ時期にネット上で知り合った歌い手のLIVEに足を運んだ時、内心どんな歌を歌うのかワクワクしていました。

しかし現れたのは、プロ意識のが足りていない自分の理想とはかけ離れた歌い手だったそう。

「そんなにみんな本気じゃなかったというか。ちょっと違うなって思うことが結構あって。それからは、正直者が馬鹿を見るじゃないですけど、馬鹿に真面目に頑張っている自分が馬鹿なのかなって思い始めるようになった。それがずっと悔しくて悲しくて……私って本当は正しくなかったのかな、自分の思い描いていた歌い手の世界って嘘だったのかなって、やたらと執着していましたね」

引用:UNIVERSAL MUSIC JAPAN

馬鹿にまじめに頑張ってやっている自分が馬鹿なのかと、Adoさんは苦しんだといいます。

それでも、

「苦しみが消えないというよりかはその苦しみを生かしているというか。私は間違ってないって思いたくて。だからずっと諦めずに歌を投稿しています」  

歌い手としてのAdoさんの強い思いが勝ったということですね。

中学の頃から、ニコニコ動画に投稿し続け、

「知らない人たちが私の歌を聴いてくれている!」

という反応がAdoさんのモチベーションとなったということです。

スポンサーリンク

Ado デビューのきっかけ!転機が訪れる!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次